本多るみ メディア掲載・講師実績・プロフィール

HOME*目的で選ぶ  |◆受講生の声  |◆花のお仕事メール講座  | ◆花のお仕事解剖ブログ  |◇お問い合わせ

トップ>講師実績・プロフィール

講師「本多るみ」の実績・プロフィール

  メディア掲載・書籍 | 講師実績 | 本多るみのミッションとプロフィール

メディア掲載・書籍

●フジテレビ「ノンストップ!」で母の日の花贈りをアドバイス

●読売新聞社 よみうりテクノフォーラム
 理系進学を考える女子中高生のための『読売テクノフォーラム』にパネリスト出演

 

●anan 「大人のマナー&ルール集」に
  『実は贈ってはいけない花もアリ!? ”使える”フラワーギフトのマナー』を
  「フラワーギフトの達人」として指南

  取材記事が掲載されました!anan 2012 8/29 号

●AERA リケジョの肖像 に取材掲載

 

●キンダーブック「あ・の・ね」に 親子でできる簡単フラワーアレンジ 連載

●教育出版社 3年生理科教科書(現在使用中) にコメント掲載

●メルマガ配信スタンド「まぐまぐ!」公式メルマガ  カフェまぐ! にて 1年間 「簡単フラワーアレンジ」を連載

●健康誌「ヘルシスト」 特集:「花を素敵に飾りたい!」掲載

ヘルシスト掲載  ヘルシスト掲載

●幼稚園家庭教育講座

 

●大学講義

●市町村親子科学講座

●企業親子講座

●価格.comで「母の日の贈りもののコツ」をコメント

   

●朝日新聞朝刊全国版で「切花の買い方・長く楽しむコツ」をコメント

 

●CBCラジオ 花を長持ちさせるコツ
●静岡FM クリスマスの贈り物  出演

●ほかワークショップ 主催・招致

 

著作:『花贈りの便利帖』 〜こんなときにはどんな花を贈るといい?
                誠文堂新光社さんより出版

 花贈りのマナー花の買い方贈り方

●「理系なお姉さん10人」に選ばれ、取材掲載して頂きました
  理系なお姉さんは苦手ですか?    −理系な女性10人の理系人生カタログ− 理系なお姉さんは苦手ですか? −理系な女性10人の理系人生カタログ−

●花事典〜春夏編〜 花のマメ知識・情報部分を担当・監修しました

●洋泉社 ムック本に
「出産・育児中にもできる」として、
「お花屋さんの教科書」テキストやアドバイスの仕事が紹介されました


●はなまるマーケットの電話取材を受ける
●Yahoo!ニュースに2度掲載

●All Aboutスーパーお勧めサイト大賞ノミネート
●配信動画がYouTubeのおすすめ動画に選ばれる!
●メルマガが「女子まぐのおすすめ」に選ばれる!
 

講師実績


●読売新聞社主催
 理系進学を考える女子中高生のための
 夏休み『読売テクノフォーラム』にパネリスト出演
●教育委員会主催
 神奈川県内幼稚園『家庭教育講座』「子どもと一緒に花とあそぼう!」
●横浜ちゃれんじ倶楽部主催「簡単フラワーアレンジ講座」
●横浜ちゃれんじ倶楽部主催「花贈りのマナー講座」
●日本切り花協会主催 岡安美智代氏セミナー助手 
●(株)アップリンクス主催 WEBサイトカラー戦略セミナーにて講師 
●(株)アップリンクス主催 親子イベントにて親子アレンジ講座 
●(株)アップリンクス主宰
 女性の起業を応援するWEBスキルアップ塾「彩塾」にて
 テキスト執筆&塾生サポート
●ママと家族の幸せから日本を元気に!
 「えがお充電まつり」を主宰&親子ワーク開催 
●日本趣味起業協会主宰 趣味起業講座にてサブ講師
●自主開催 花屋さん向けお茶会・ワーク 
●自主開催 おさんぽツアー など

 

本多るみのミッション・プロフィール

「花と暮らす」ことに秘められた可能性を、
すべての家庭へ。

家庭に花があり、花を摘んで食べたり、飾ったり、薬にしたり。
花に集まる生きものたちと遊んだり。
それは、私が子どもだったころは、「あたりまえ」のことでした。
 
でも、今は、住宅がコンクリートに覆われて
一戸建てでも、周囲がコンクリートで敷き詰められて
子どもたちは、花に触れることがありません。
そして、親世代であるわたしたちも。
 
意識しないと、誰も花に触れない、そんな時代になってしまいました。
花に触れず、自然を見ずに育った子どもたちは
紅葉もキレイと思わず、鳥や虫の声もうるさいと思い、
満天の星を見ればキモチワルイと言う
魚の切り身が海を泳いでいると思い、野菜は工場でつくられる工業品、
なんでも買えば良いものと思う…
 
そんな子どもたちにしてしまったのは、ほかならぬ私たち「大人」。
 
私たちが、花と暮らすことを思い出し、花と生き、そんな毎日の暮らしを子供たちに伝える。
本の少し前まで「あたりまえだったこと」を思い出すことが
私たち大人の心の癒しにも、これからの未来を作る担い手の子どもたちに
美しいものを美しいと感じる心を、生き物や食べ物、そして地球を考える心を
「自分で考えて、創りだす」という思考を、育んでくれると信じています。
 
もちろん、親や祖父母、保育現場の養育者も、だいじな担い手です。
でも保育者だけじゃない。
 
【花屋さん】は、「花と暮らす文化」を伝える重要な役者。
いかに、暮らしの中に花を取り入れてもらうか、伝える重大な役割を担っています。
「ただ売れればイイ」のではなく、そんな未来を担ってくれる花屋さんに、なってほしいと願います。
 

-----------------

東京農業大学 農学部 農芸化学科卒 土壌肥料学専攻。 学芸員。
大学卒業後、某生花店会社にアルバイト入社後店長へ。
せり・ブライダル交渉・POP制作・新人教育・イベント管理など店の運営を行う。
11年の勤務後、2006年末出産退職。合わせて2007年1月独立。
2007年6月に男児を出産。 育児をしながらWEBを使い
一般向けの「花の買い方・実際に毎日できる飾りかた・育て方」などの実用情報を提供。
生花店向けの講座・指導を開始。
 
2010年より、「毎日のおうち用」に、
野の花・束売り花でイベント花を飾ることができる
【おうち花マスター講座】を通信講座で開講
 
2011年、「花との暮らし」が特別になりすぎている現況を危惧し
「親と子どもの”おさんぽ”」で親から子への愛情を伝える機会、
自然遊びで「考える力」「想像・創造力」を養う『おさんぽ花育』を提唱。
親・保育現場の養育者・そして花屋さんにその担い手を願う。

同2011年、花屋を目指す人々にも「考える力」「強い想い」が低下していることを危惧し
自分の心の奥底の「ほんとうの姿・やりたいこと」を見出す手伝いをするため
本田健氏に師事し「ライフワークカウンセラー」に。
   
単なる業務テキストにとどまらず、「考える力」をはぐくむ教育の一環として
また、日本の伝統文化の伝承者、花・自然と生きることの伝承者としての生花店を育てるべく
『おさんぽ花育』の一環として、生花店の業務意識の向上を目指す。

取材・お仕事のお問い合わせはこちらから

トップページお問い合わせ特定商取引法に関する表示 

サイト内の文章・イラストの著作権は「本多るみ」にあります。
無断複製・営業利用は一切禁止いたします。
(c) 2011-2016 STUDIO HEIM RUMI HONDA